デンマークで銀行口座を開くなら手数料無料のLunarをおすすめする理由

ad
コペンハーゲン

デンマークでCPRナンバーやらMIt IDをゲットしたら、次に訪れる壁は銀行口座の開設です。

デンマークで仕事探しする上で銀行口座を持つことは必須。しかしデンマークのDansk bankやは開設だけに数ヶ月かかったり、口座維持費がかかります。給与の受け取りや家賃の支払いなど、銀行口座はなるべく早く欲しいですよね。

そこで今回ご紹介するのが、デンマークのネットバンクです。その中でも口座開設してから、不便なく利用できている『Lunar』の特徴を紹介したいと思います。特にワーホリや留学で来ている数ヶ月の短期滞在から、数年滞在する予定の方におすすめできます。

それではLunarの特徴のメリットから注意点など、そのポイントを詳しく紹介していきます。

この記事にはPRが含まれています

ad
ad
ad

『Lunar』の特徴

1. 開設までの簡単な手続き

『Lunar』は支店がないので、基本的に手続き関連は全てオンライン上で完結できます。まずLunarのアプリをダウンロードし、手数料無料の“Light”(状況に応じてstandardやPlusなどもあります)を選択し、必要な情報を入力していきます。あとは本人確認書類をアップロードするなど、さほど難しくな工程で口座開設の手続きが完了します。

通常の銀行よりも迅速な対応で、2週間から1ヶ月ほどで、郵便ポストにカードが届きます。

▼ Lunarアプリはこちら

2. 年会費ゼロ

基本的にデンマークの銀行は年会費や月会費がかかるようです。
Lunarは支店を持っていないせいか、低コスト運営を徹底しており、Lightカードだと年会費がかかりません。そのため口座を利用する際に負担がなく、余計な出費を抑えられます。

3. お得な預金金利

デンマークは基本的に日本よりも金利が良いのですが、年会費無料のLightカードでさえ金利は+1.5%(預金額が約200万円まで)です。また過去には、期間限定のキャンペーンで+1.75%に上がった月もありました。アルバイトで働き出した月では約6円と少額でしたが、フルタイムで3ヶ月働いた後には約500円となり徐々に増えるのが目に見えてわかりました。

4. 現地での送金やMobile Pay

デンマークで生活していると友人間での送金や、家賃の支払いなどでの送金の機会があるかと思います。そんな時にもLunarが使えます。アプリのメニューから”send money”で送金相手の情報などを入れたら無料で送金でき、翌日には相手に届いています。
※金額によっては手数料がかかる場合もありますので、不安な場合は事前に調べるようお願いいたします。

Mobile payとは現地で身近に使われているデンマークのキャッシュレス決済アプリです。これは主にマーケットやローカルな場所、個人が出店するようなイベントなどでよく使用される決済方法です。また、Facebookやdbaなどでの個人間での中古販売などではMobile payが主流です。

基本的にクレジットカード社会ではあるのですが、上記のような場合に備えてMobile payを持っていたいと思う方にも朗報です。Mobile payも銀行口座との紐付けが必要なため、口座が必須なのですがLunarでも問題なく紐づけられます。

特に現金の場合はお店側にお釣りがないケースがあるので、Mobile payを持っていると便利です。

▼ Mobile payのアプリはこちら

5. ユーザーフレンドリーなアプリ管理と決済方法

Lunarのアプリ内では、購入場所が分類されて表示されるので、ちょっとした家計簿代わりにもなります。食料品や日用品、通信料など月々どのくらいの出費があるか自動的にグラフで見える化してくれます。

また、金額によってはPINコードを入力しなければいけない場合もありますが、通常はタッチで支払えるのも魅力の一つです。さらにはスマホのApple PayやGoogleWalletに登録することも可能なので、よりスマートなお会計もできます。

デメリットと注意点

1. 住宅ローンや大規模融資には不向き

LunarのLightカードでは、住宅ローンには不向きと聞いたことがあります。支店のないネットバンクということから、支店のある銀行よりも信用度が低いということなのか分かりませんが、家を購入する予定の方、新たな事業に向け大規模融資を考えている方にはあまりお勧めできません。Lunarのメニューの中にもローンはあるのですが、他の企業や不動産関連会社が入ると難しいのかと思います。ただ、そういったことを検討されている方は、長期滞在の方だと思いますので長い目で見て、他の金融機関と比較し検討することをお勧めします。

2. 現金の預け入れや引き出しに手数料がかかる

支店のないLunarは専用ATMもないので、現金の預け入れや引き出しが通常の銀行に比べるとハードルが高いです。もしかしたら日本のカードで引き出すくらい手数料がかかるのでは…と不安に思い、私自身まだ一度もATMは使ったことがないです。

そもそもLunarとMobile payがあれば、現金がなくても不便はしないので大丈夫ではあるのですが。どうしても現金をカードに入れたい方や、現金を引き出したい方にとっては、手数料がかかってしまうデメリットがあります。

ただ、先日コペンハーゲンの街を歩いていたら、Lunarのオフィスらしき支店のような外観を工事してるところを見つけたので、今後もしかしたら支店ができる可能性もあるかもしれません…!

特典コードでさらにお得に!

最後まで読んでいただきありがとうございます。
ここまで読んでくださった方に朗報です!Lunar開設時に200kr(約4000円)もらえる特典コードがありますので、こちらを特典コードの欄に入力して特典をゲットしてください。

定員と期限があるので全員には配れないですが、ぜひお試しください。
なくなり次第こちらの欄は削除しようと思っています。もし、この記載があるのに特典コードが使えない場合は、お問い合わせからご連絡いただけましたら、再確認いたします。

▼特典コード

fycw14

▼ Lunar口座開設はこちら

最後に

いかがでしたか。私自身が銀行口座開設ではかなり頭を悩ませていたので、現地の人からLunarを教えてもらい、とても有り難かったの覚えています。そのため私のような状況の方がいたらと思い、今回は紹介いたしました。
開設方法の説明まで入れられなかったので、また別の記事としてそちらもお伝えできたらと思います。ただ、そんなに難しい工程はなかったと思うので(Google翻訳さえあれば)、デンマークで銀行口座開設に悩んでいるのでしたら、『Lunar』を試してみるのはいかがでしょうか。

コメント

ad
タイトルとURLをコピーしました