コペンハーゲン入場無料で楽しめる観光スポットまとめ【2023】

デンマーク

みなさんこんにちは。
デンマークの首都コペンハーゲンで暮らしている凡人yukiです。

コペンハーゲンは北欧の中でも人気の観光都市で、特に夏は過ごしやすいので多くの観光客が訪れています。最近は春も近づいてきてお天気の日には、テラスでお茶する人たちも増えてきたように思います。

デンマークといえば建築や芸術をはじめ、絵本のような街並みをイメージされる方も多いのではないでしょうか。ただ街歩きするだけでも街並みや看板デザインなど様々な発見が多いのも事実です。

しかしながらいざ観光!と思うと、各入場料の出費が結構痛いところです。デンマークは医療費や学費が無料で幸福度の高い国としても有名ですが、その反面、税率が高く物価が高いことでも知られています。デンマークの物価は日本の倍と言われてますが、以前水族館に行ったら4000円近く、せっかくの観光なのに萎縮してしまったのを覚えています。

また、お得な観光方法で知られているコペンハーゲンカードは、指定範囲内の交通公共機関乗車券と美術館等の入館料がセットで、24時間ごとに購入でき、乗車入場し放題というのが魅力ですよね。ただ、1日に3箇所以上回ると元が取れるという計算のため、そんなに回れないよと思う方も少なくないはず。

そういうゆったり観光したい日や、コペンハーゲンカードを使用していても余った時間どう過ごすか悩んでるときに、無料で観光できる場所があれば時間を有効に使えますよね。また、コペンハーゲンに住んでいる人にとっても、無料の観光スポットはとても魅力的です。

そこで今回は、コペンハーゲンを無料で楽しめる観光スポットをまとめました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

定番の場所

ニューハウン

コペンハーゲンといえばここ!コペンハーゲンで調べたら必ず出てきますよね。美しいカラフルな建物が立ち並ぶ、コペンハーゲンを代表する観光スポットの一つです。いかにも北欧という外観で人気のフォトジェニックなスポットでもあります。また、夜に訪れてもレストランの灯りが水面に反射していたり、昼間とは違った雰囲気で楽しめます。

ニューハウン夜景

人魚姫像 & ゲフィオンの噴水

コペンハーゲンの象徴的な観光スポットで、デンマークの作家ハンス・クリスチャン・アンデルセンにちなんで作られました。海に面した場所に建ててあり、晴れている日は海辺との景色が美しいです。

しかし、一方で世界三大がっかり観光スポットと言われているのも現状です。位置的にはコペンハーゲンの中心部の一角ではあるのですが、アクセスは電車やバスから少し歩きます。そのためやっと辿り着いたら、意外と小さくてこんなものかというがっかり感なのかもしれません。

周辺は大きな公園になっており可愛い建物がポツンポツンと建っていて、ゲフィオンの噴水も人魚姫像に向かう途中にあります。

時間のある日にお散歩しに行く気分くらいがちょうどいいのかもしれません。周辺の公園では春には桜が咲き、4月には日本大使館主催の桜まつりも開催されています。

Christiania:クリスチャニア

コペンハーゲン市内にある自治区で、独自の文化を持っています。ヒッピーのような雰囲気で、コペンハーゲンの違う一面を感じられるかもしれません。場所によっては写真NGの場所があるのでそこだけ注意しましょう。

Strøget:ストロイエ通り

コペンハーゲンで最も有名な通りの1つで、噴水の広場を中心に広がる通りに多くのショップやカフェが並んでいます。通りを散策するだけでも楽しめますが、店内に入るとより楽しめる場所をご紹介します。

Strøget MAP

LEGO

Tivoli店のディスプレイ

ストロイエ通りの路面店とTivoliに面した2店舗があります。
どちらもそれぞれディスプレイが可愛く品揃えも豊富です。

ストロイエ通りのお店には、手をかざすとスターウォーズのキャラクター診断をしてくれる機械があったり、商品を持っていくと画面上で組み立てイメージを3Dで写してくれるディスプレイがあったり、最新技術を利用したちょっとした遊びが楽しめます。

またどちらのお店にも、自分で自由に着せ替えてLEGO人形を購入できるブースがあるのですが、品揃えの種類が面白く、大人でも組み合わせを楽しむだけではしゃげました(笑)

Tivoliに面したお店は、商品ディスプレイもTivoliにちなんだものが飾られていました。
また、自分でデザインした洋服のLEGO人形を購入できるようでした。

子ども連れの方はもちろんですが、大人でも楽しめる場所だと思います。

LEGO København店
LEGO
Tivoli店

Royal Copenhagen

ストロイエ通りの広場に面した大きな路面店です。
ロイヤルコペンハーゲンが好きな方もそうでない方も、食器やテーブルコーディネートなどに興味がある方にはお薦めです。イメージ通りのロイヤルコペンハーゲンばかりではなく、変化球なデザインも面白く、上の階ではテーブルコーディネートの展示などもやってます。

※展示は期間限定の場合あるので最新の情報はこちらからお調べください。

Royal Copenhagen
https://www.royalcopenhagen.com/da-dk/vores-butikker/flagship-stores

ちなみにロイヤルコペンハーゲンのアウトレットがあるのはご存知でしょうか。お買い物でロイヤルコペンハーゲンに訪れる方は、一度チェックしてみるのも良いかもしれません。
ただしデンマークは前途にお伝えした通り税率が高いため、日本で購入した方が安い場合があります。日本でも品揃えは良いと思いますので、事前に値段等調べておくことをおすすめします。またセール時期の場合、取扱いのある百貨店で独自のセールをしている場合があります。品揃えは多くありませんが、アウトレットほど型落ちじゃない可能性が高いです。

Royal Copenhagen OUTLET
MAP

Royal Copenhagen 取扱いのある百貨店
・ILLUM https://illum.dk/en
・magasin https://www.magasin.dk/

HAY HOUSE

HAYは、ここ最近日本でも話題になってきているインテリアデザインのブランドです。そしてストロイエ通りの広場に位置するHAY Houseは、HAYの旗艦店とされています。

デザイン自体がお洒落なので、お買い物目当てでももちろん楽しいのですが、ショップのディスプレイ方法がお洒落だったり、変わったデザインのものなどもあるので、クリエイティブな感性が刺激される場所です。

HAY
https://hay.dk/

ちなみにもしお買い物目当ての場合、百貨店やセレクトショップの方が独自のセールを開催している場合があるので、チェックしてみるのをお勧めします。

HAY取扱いのある百貨店/セレクトショップ
・ILLUM https://illum.dk/en
・magasin https://www.magasin.dk/
・Bahne https://bahne.dk/

街歩き

TorvehallerneKBH:トーベヘルネ

Norreport駅からすぐ近くの生鮮食品マーケットです。野菜や果物、お肉やお魚などが並んでいて、建物内の各ブースにはパン屋さんやカフェ、オープンサンドイッチなどの軽食のお店も併設されています。

また食器やスパイス、計り売りのオリーブオイルのお店など、デンマークの雰囲気を感じながら、見るだけでも楽しめるお店が並んでいます。

TorvehallerneKBH
https://torvehallernekbh.dk/
MAP

コペンハーゲン市役所

外観も美しいですが、内部も美しい装飾が施されています。
入場無料ですが、市役所の空いている平日のみで、イベントなどで入場できない場合などもあります。

コペンハーゲン市役所の内観

コペンハーゲン市役所
MAP

The King’s Garden:ローゼンボー城のガーデン

ローゼンボー城の入場は有料ですが、その敷地内のガーデンは誰でも自由に入ることができます。お天気の良い日に散歩がてら入ってみるとなんとも穏やかな雰囲気で過ごせます。また、ローゼンボー城の外観は見れるので中に入らなくてもヨーロッパ感が楽しめます。

また、運良ければ兵隊さんの行進もローゼンボー城の近くから見れるようです。

The King’s Garden Copenhagen
MAP

Christiansborg Slot:クリスチャンスボー城の塔

クリスチャンスボー城の塔に無料で入ることができ、上の展望台から市内を一望できます。
入場する前に空港のような手荷物検査があるので、時間には余裕を持っていきましょう。また、展望台は野外のため冬場は短時間でも冷えます。しっかり防寒していくことをお勧めします。

Christiansborg Slot
MAP

The black square

中心部から少しだけ離れたNørrebro駅周辺に位置している広場です。アートのようなデザインが一面に施されていて、スケートボードやサイクリングをより楽しめる造りになっています。

春には桜も咲くので、お散歩がてら訪れてみるのも楽しいかもしれません。

The black square
MAP

教会

コペンハーゲン中心部で自由に入場できる教会をいくつかご紹介します。

Frederiks Kirke:フレデリック教会

北ヨーロッパで一番大きい教会で入場無料です。外観も美しいバロック様式の教会で、内部には美しいフレスコ画やドーム型になった天井が神秘的な雰囲気を醸し出しています。

Frederiks Kirke
https://www.marmorkirken.dk/
MAP

Vor Frue Kirke:コペンハーゲン聖母教会

街の中心部にあるコペンハーゲンの大聖堂です。
1829年に建築家クリスチャン・フレデリック・ハンセンによって新古典主義様式で建てられました。

1100人以上が座れるという内部は、白を基調に造られた内装が美しく、2階から教会全体を眺めることもできます。また、全てイタリアのカララ大理石で造られたという復活したキリストや12使徒は迫力があります。

私が訪れた際はパイプオルガンを演奏していて、音楽とともに雰囲気を堪能できました。

Vor Frue Kirke
MAP

Helligaandskirken:聖霊教会

ストロイエ通りにある教会です。美しいシャンデリアが中心にあり、木造のデザインも素敵です。
入場無料の聖歌隊によるイベントなども開催しているようなので、事前にチェックして行くことをおすすめします。

Helligaandskirken
http://www.helligaandskirken.dk/
MAP

Trinitatis Kirke:三位一体主日教会

コペンハーゲン中心部にあるラウンドタワーに併設されている教会です。
入り口はラウンドタワーの脇にあり入場無料です。

三位一体という名前は、ラウンドタワーと合わせて、教会・天文台・大学図書館の役割を担っていたことからきているそうです。

Trinitatis Kirke
MAP

図書館

Det Kongelige Bibliotek:デンマーク王立図書館

外観が全体的に黒くモダンな雰囲気から、別名ブラックダイヤモンドと呼ばれるコペンハーゲンで有名な建築の図書館です。中に入って最上階へ上がり、上から見下ろすと素敵な建築デザインを見渡せます。少し怖いので高所が苦手な方はお気を付けてください。

Det Kongelige Bibliotek
MAP

Danish National Art Library

アートやデザインなど美術に関する書籍に特化した図書館です。少しコンパクトな作りになってますが、あなたの知らないアーティストの本に出会えるかもしれません。

Danish National Art Library
MAP

コペンハーゲン中央図書館

街の中心部にある図書館です。

1階にはカフェやオススメの本などが並んでいて、3階はキッズエリアとなっており絵本も豊富に置いてあります。2階は土足厳禁ですが靴を脱げば、大人一人でももちろん入れます。

2階4階には様々な分野の本が置いてあり、勉強スペースなどもあるので、Wi-Fiと充電には困らず作業できる空間でもあります。

Copenhagen main library
MAP

美術館

個人的に観光するには欠かせない美術館。入場料を気にせず気軽に入れる貴重な美術館をご紹介します。私がコペンハーゲンに住んで知り得た、日時限定の無料公開日などもあるので要チェックです。

The David Collection

デンマークの弁護士・実業家のクリスチャン・ルートヴィヒ・デイヴィッド氏が収集したイスラム美術と18世紀ヨーロッパの美術品、応用美術、家具を所蔵する美術館です。彼はコレクションを美術館という形で後世に残すことを決意し、亡くなる際に全財産を美術館財団に託したそうです。作品は彼がかつて住んでいた建物に収められています。

最初に受付をするとスマホサイズのガイド端末の貸し出しもしており、英語で説明を読んだり聞いたりできます。最初に最上階まで上がり降りてみていくスタイルで、上からイスラム美術コレクション、18世紀のヨーロッパ美術コレクション、デンマーク初期近代美術コレクションの3つのセクションに分かれています。

イスラム美術コレクションは、スカンジナビアで最大の保有数を誇り、古典的なイスラム世界のあらゆる芸術作品を所蔵していて、ヨーロッパ美術セクションでは19世紀当時のオリジナルインテリアで展示されており、18世紀の家具や装飾品も含まれています。また、デンマークの近世美術も含まれており、1880〜1950年頃のデンマークアーティストによって制作された絵画、彫刻、陶器などの作品が並んでいます。

yuki
yuki

こんなに見応えのある美術館が無料なんてデイヴィッド氏に感謝しかありません…!!

The David Collection
https://www.davidmus.dk/
MAP

Thorvaldsens Museum:トーヴァルセン美術館(水曜日)

デンマーク初の公立美術館として、世界的に有名なデンマークの彫刻家、バーテル・トーヴァルセン(1770 -1844)のために建てられたそうです。

中庭を囲むように建築された美術館の館内は、長い廊下にそって沢山の部屋が並んでるような造りになっています。内装が異なる各部屋に、それぞれ彫刻や絵画などのコレクションが並んでいます。

Thorvaldsens Museum
https://www.thorvaldsensmuseum.dk/
MAP

Københavns Museum:コペンハーゲン市博物館(水曜日)

コペンハーゲンの街の歴史を知れる博物館です。コペンハーゲンの街のパノラマ模型や電子版など所々ユニークな展示の仕方が面白いです。

Københavns Museum
MAP

Nikolaj Kunsthal:ニコラスアートギャラリー(水曜日)

歴史ある教会の中にある現代アートギャラリーです。街の中心部ストロイエ通りから1本入ったところに佇んでいます。見た目からは想像つかないほど、中は現代アート空間となっています。展示も期間毎で変わるので、インスタレーションが多いためか、中の景色が行く時々によって180度変わります。また体験型のインスタレーションも過去にいくつもあったので、そういった点も魅力の一つです。

Nikolaj Kunsthal, Copenhagen Contemporary Art Center
https://nikolajkunsthal.kk.dk/
MAP

Kunsthal Charlottenborg:シャーロッテンボー宮殿アートギャラリー(水曜日の17時以降)

17世紀に建てられたシャーロッテンボー宮殿に、北欧でも最大級の現代美術の展示スペースです。

Nyhavn(ニューハウン)の中心部にあり、国内外の有名アーティストから新しい視点のアートを展示しています。期間によっては、街の広場などに設置されているオブジェなどとエキシビジョンが連動している時もあるので、サイトを見てから訪れた方がより楽しめるかと思います。

上記の図書館欄で紹介したアートライブラリーのすぐ横にあるので、アートライブラリーに17時までいて、そのまま移動できるので水曜日は一石二鳥で楽しめます。

Kunsthal Charlottenborg
https://kunsthalcharlottenborg.dk/en/
MAP

Ny Carlsberg Glyptotek:ニューカールスベア(毎月の最終水曜日)

美術館内にはギリシャ・ローマの古代彫刻、ルネッサンス期の彫刻や絵画など、多様なコレクションが並んでいます。館内には美しい室内庭園があり、彫刻と植物が並んでいる風景はなんとも素敵です。毎月最後の水曜日が無料とありますが、日程変更する場合もあるので事前確認をお忘れなく…!

Ny Carlsberg Glyptotek
https://www.glyptoteket.dk/
MAP

VILLUM Window Collection

少し中心部からは離れたところに位置する窓の美術館です。

17世紀から今日に至るまでの歴史的な窓を約300点収蔵しています。窓の発展に関する技術的、職人的、歴史的に展示してあるそうなので、建築に興味がある方にはもちろんインテリア好きな方にも興味深い美術館だと思います。

ここには私もまだ訪れたことがありませんが、今行きたい場所の一つなので、訪れた際にまた詳細を追記します。

VILLUM Window Collection
http://villumwindowcollection.com/
MAP

SMK FRIDAYS:SMK主催のイベント(年7回、金曜16-22時)

コペンハーゲン中心部から歩いていけるデンマーク国立美術館です。国内最大の美術館で、ルネサンス期のヨーロッパから近代・現代美術まで、多彩な美術品を展示しています。

その美術館主催で年7回の金曜日に行われてる“FRIDAYS”というイベントです。通常120krがこのイベント時は入場無料となり、夕方16時から22時まで美術館内でDJタイムやトークショー、ワークショップなどが開催されています。館内の広場では飲み物や軽食なども販売されています。

このイベントを楽しむのももちろん良いのですが、なんといってもこのイベント開催中は、常設展も無料で開放されているのです。エキシビジョンエリアは閉まっていることが多いのですが、常設だけでもかなりたくさんの絵画やインスタレーションなどがあります。

ムンクやマティス、ルーベンスなど巨匠たちの作品も置いてあるので、ヨーロッパ美術がお好きな方にはもちろん、本物をちらっと見たいという方も気軽に入れるのでお勧めです。また、デンマーク人アーティストの作品が多いのも見どころの一つです。個人的にはシュルレアリスムコーナーがあるのが魅力的です。

現在Webサイトで発表されているFRIDAYSの日にちは下記です。(2023年5月5日現在)
日程やイベント内容によっては、外に長蛇の列ができるほど並んでる時もありますので、時間に余裕を持っていくことをお勧めします。

・5月26日(金) 16:00 - 22:00
・6月16日(金) 16:00 - 22:00
・9月1日(金) 16:00 - 22:00
・10月6日(金) 16:00 - 22:00

SMK FRIDAYS
https://www.smk.dk/en/article/smk-fridays/
MAP

期間限定

期間限定で開かれる入場無料スポットをご紹介します。

Reffen(春から秋)

コペンハーゲンの中心部からバスでクリスチャニアを過ぎ、もっと先の最端へ進んだところに位置する野外のストリートフードコートです。

もちろん食事は有料ですが、海に面したこのエリアには、色んな国のストリートフードスタンドが並び、まるでお祭りにきているような雰囲気を楽しめます。

ストリートフードとはいえ、そこはデンマーク価格なので少々お高いですが、レストランで食事するよりは安めといったところです。ビーチのような解放感あふれた場所で、初めての国籍の料理を気軽に楽しめるのも、たまには良いかもしれません。

Reffen
https://reffen.dk/
MAP

Broens Gadekøkken(春から秋)

こちらも野外のフードコートですが、Reffenほど規模は大きくないものの、コペンハーゲン中心部ニューハウンの近くにあるのでアクセスしやすいです。

出店は全部で15店舗ほどで、冬になるとアイススケートリンク場(有料)になるので、フードスタンドの規模は数点に縮小します。

ちなみに知り合いのデンマーク人がコペンハーゲンで一番美味しいと豪語するハンバーガーショップ「Gasoline grill」のスタンドもあります。

Broens Gadekøkken
https://broensgadekoekken.dk/
MAP

クリスマスマーケット(11月半ば〜クリスマス前日)

クリスマスの時期になると街の中心部でクリスマスマーケットが開催されます。
この時期になるとホットチョコレートやクリスマス限定のワインやビールなどの販売が盛んになります。たこやきの形をしているまんまるのホットケーキもクリスマスならではのデンマークのおやつです。

中心部の主なクリスマスマーケット開催場所
・Kongens Nytorv広場 MAP
・Højbro Plads MAP
・Hans Christian Andersen MAP

番外編

Bakken

コペンハーゲン中心部から北に電車で20分ほど離れた場所に位置する、世界で最も古い遊園地です。

駅から10分ほど歩いたところに森への入り口のような場所が、小さなテーマパークの始まりです。ジェットコースターから射的ゲームなど、ヨーロッパのノスタルジックな雰囲気を楽しめる場所でもあります。街なかにはないゲームセンターがあったり、ヨーロッパの違う一面に出会えます。

小さいとはいえ、全部で78種類のアトラクションがあるそうです。パークの歴史は1583年までさかのぼり、現在体験できる最も古い乗り物は82年前に造られた木製ジェットコースターらしいです。勇気のある方は試してみてはいかがでしょうか。

季節に合わせてクリスマスやハロウィン、迷路やフェイスペインティングなどのイベントも開催しています。訪れる前に必ずイベント情報をチェックしてみてくださいね。

Bakken
https://www.bakken.dk/english/
MAP

まとめ

いかがでしたでしょうか。新しい気づきはありましたか?

今回は、コペンハーゲンを無料で楽しめる観光スポットをまとめました。また、新たに無料スポットを見つけたら、追加していきますね。

この情報でお得な楽しみが、皆さんの旅や生活に少しプラスされたら嬉しいです。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました